大阪府×ネイル求人.com「OSAKA求職者支援コンソーシアム」について | ネイル求人.com

「OSKA求職者支援コンソーシアム」とは?

新型コロナウイルス感染症の影響により、私たちの労働環境は大きく変わりました。そんな中、大阪府は当社のような民間人材サービス事業者と連携して、大阪府民の雇用対策に取り組む緊急雇用対策事業に取り組んでおり、そのひとつが「OSAKA求職者支援コンソーシアム」です。

当社もコロナ禍での雇用情勢を鑑み、求職者が早期に就職・転職できるように「OSAKA求職者支援コンソーシアム」に参画し、「大阪・採用されやすいサロン」と題した独自の求人特集を設置し、大阪府民の就職・転職活動を全力サポートさせて頂いています。



OSKA求職者支援コンソーシアム・事業概要

新型コロナウイルス感染拡大の影響で厳しい状況にある求職者への就職支援のため、大阪府は、民間人材サービス会社と連携し求人情報を発信するとともに、令和2年4月1日以降に離職した府民の方を雇い入れた事業者に支援金を支給することで、 事業者の採用意欲を高め、雇用促進を図ることが本事業の目的です。※本支援金は助成金等と併給できない場合があります。

【実施期間】
令和2年10月1日(木)
   ~令和3年11月30日(火)

【支給額】
・正規雇用労働者の雇入れ
   25万円(1人当たり)
※ここでいう正規雇用労働者とは、
 労働契約の期間の定めがない労働者です。

・非正規雇用労働者の雇入れ
   12万5千円(1人当たり)
※ここでいう非正規雇用労働者とは、
 労働契約の期間の定めがある労働者です。

なお、同一の事業主が申請できる人数に制限はありません。

【支給要件】
1.事業主の主な要件 
(1)大阪府緊急雇用対策特設ホームページに掲載している民間人材サービス事業者の求人特集に、求人を掲載したこと。

(2)(1)の求人に応募した者を令和2年10月1日から令和3年11月30日の間に雇い入れ、3か月間継続して雇用していること。

(3)雇い入れた労働者を雇用保険に加入させていること。

2.雇い入れた労働者の主な要件
(1)令和2年4月1日以降に失業状態になったこと。※令和2年3月31日まで、企業や団体、学校等に在籍していた方等も対象です。

(2)1.事業主の要件(1)の求人に応募等をしたこと。

(3)1.事業主の要件(1)の求人に応募等した日において、住所が大阪府内にあること。

大阪府雇用促進支援金「OSAKA求職者支援コンソーシアム」支援金の解説動画はこちらから(外部サイト)ご覧頂けます。


支援金支給の流れ



WEB登録・支援金申請フォームはこちらから


「大阪・採用されやすいサロン」求人特集にご掲載希望のサロン様へ

現在、ネイル求人.comに求人掲載中のサロン様は、弊社担当者宛に気軽にご連絡頂けましたらご対応させて頂きます。これからネイル求人.comに求人掲載をご希望のサロン様は、下記フォームからお問い合わせ頂けましたら、担当者からご連絡させて頂きます。